IoTクラウドプラットフォーム

STAFFスタッフ紹介

システム設計・開発から導入、保守まで
柔軟で万全なサービス体制を整えています。

STAFF 01スタッフ紹介 01

営業コンサル 藤田 誠
営業コンサル 藤田 誠

営業コンサル

藤田 誠

水環境施設にとどまらない
さまざまな分野のお客様へIoT提案を。

大学時代は経済学を専攻。ICTやソフトウェアの知識はまったくありませんでしたが、日本ソフト開発は教育研修制度が充実しており、私と同じように未経験者の先輩も多く活躍していることから入社を決めました。

現在は、SOFINET CLOUDの営業コンサルとして、北陸を中心に受け持ちのエリアをまわっています。主な訪問先は、上下水道や河川、雨水などの水環境施設を管理運用されている自治体様。SOFINET CLOUDをご利用中のお客様に対してはフォローやさらなるソリューションのご提案を、既存の遠隔監視システムの更新時期を迎えていたり、オンプレ型からクラウド型への移行を検討されていたりといった新規のお客様に対してはSOFINET CLOUDの特徴や導入メリットをわかりやすくお伝えすることを心がけています。SOFINET CLOUDが選ばれる際は、運用面やコスト面だけでなく、豊富な実績に培われた対応力にご期待いただくことも少なくありません。だからこそ、そのご期待にもっと応えたいという気持ちになります。

IoT技術を活用したSOFINET CLOUDで実現できることは幅広いので、もっと勉強を重ねて、水環境施設にとどまらないさまざまな分野のお客様へ提案営業ができるようになることが今後の目標。そして「このプロジェクトはまず藤田に相談してみよう」「やっぱり日本ソフト開発に頼んでよかった」と言っていただけるような仕事をしていきたいです。

STAFF 02スタッフ紹介 02

SE 三原 敏隆
SE 三原 敏隆

SE

三原 敏隆

経済性と柔軟性へのご要望に
お応えできるのがSOFINETの強み。

私がSOFINET CLOUDの部門に配属されたのは、2年前のことです。それまでは長年にわたってケーブルテレビ局向けのシステム「Channel-i」の開発を担当していました。IoTの分野については知識が少なく、ほぼゼロベースからのスタートでしたが、お客様の課題や現場に合わせて最適なシステムを考え、構築するという基本姿勢は「Channel-i」時代と変わりません。ご予算や納期などの壁に悩むこともありますが、苦労の末にSOFINET CLOUDが現場で稼働しているのを見たときや、お客様から「巡回労力が大幅に削減して効率化が図れた」「使いやすい」と喜んでいただけたときは最もうれしい瞬間です。

私が思うSOFINET CLOUDのいいところは、汎用品のハードウェア(センサーやカメラとなど)とセキュアなクラウドサービスを活用したIoTプラットフォームであるため、運用中の設備へ適用しやすく、クイック&スモールスタートが可能であるところ。もちろん、ご要望に沿ったカスタマイズに柔軟に対応できるのも、遠隔監視システム開発・運用のノウハウが豊富な当社ならではの強みといえるでしょう。現在はプロジェクトマネージャーとして、全体最適の視点も大切にしながら仕事に取り組んでいます。「ビジネスの生産性を向上させたい」「暮らしの安全や安心を追求したい」「もっと快適で便利な世の中にしたい」...そう願うさまざまな分野で、SOFINET CLOUDを活用していただけるよう、より一層チームワークを高めていきたいと思います。

STAFF 03スタッフ紹介 03

SE 嶋寺 隆
SE 嶋寺 隆

SE

嶋寺 隆

様々なIoTニーズに応えていきたい。

SOFINET CLOUDは、水位などのリアルタイム監視が常時必要な水環境施設で多くの導入実績がありますが、IoTニーズの高まりに合わせて、より幅広い分野への応用展開が期待されています。

たとえば2019年にリリースした、スマート農業を支援する「SOFIT農業IoTシステム」。ビニールハウスにセンサーを設置し、ビッグデータを活用する当社オリジナルのIoTプラットフォームで、センサーが感知した日射量や温湿度、土壌水分量などの情報を長期間自動取得することができます。いま取り組んでいるのは、IoTセンサーを電池で動作させ、クラウドサーバーに送信する仕組み作り。

これによって、電源供給やコストの課題を解決し、電源が確保できないシーンでもSofinetCloudを活用していただけるようになります。更にIoTセンサーとしては比較的消費電力が大きいカメラの画像を太陽電池とバッテリーの組み合わせで動作させる実証実験も進めています。

ページトップへ