その課題をChannel-iで解決。
CATV放送のパートナーに。

Channel-i CATV地域情報マネジメントシステム

ABOUT

ケーブルテレビ局様に特化した
総合コンテンツマネジメントシステムです。

メインサーバ1台で、文字放送・L字放送・マルチ情報チャンネル等を一元管理・制御する自主放送事業者様向けトータルソリューションです。効果・効率・コスト・セキュリティの課題を大幅改善し、ケーブルテレビ局様の放送を支えます。

※「LアラートR」は、総務省及び一般財団法マルチメディア振興センターの登録商標です。

Channel-iご活用イメージ

24年以上の運用実績の中で培ったノウハウとお客様ニーズをスマートにパッケージ化しました。

生活情報
生活情報

気象情報/交通情報
イベント情報
お知らせ

緊急情報
緊急情報

Jアラート/Lアラート
防災メール
緊急地震速報

定点カメラ
定点カメラ

道路カメラ映像
河川カメラ映像
お天気カメラ

地域情報IoT
地域情報IoT

水位センサー
雨量センサー
その他環境センサー

投稿情報
投稿情報

ホームページ
メール
SNS

地域情報・防災情報
CATV局
Channel-i CATV地域情報マネジメントシステム
ホームページ
メール配信
サイネージ
テレビ放送
全画面文字放送

全画面文字放送

静止画(JPEGファイル)とBGMに加え、あらかじめ録音したナレーション(音声ファイル)を送出します。

L字レイアウト放送

L字レイアウト放送

気象情報、地震情報など情報の種別によって画面レイアウト(L型、逆L型、コの字型など )が設定可能(最大10パターン)。緊急時は強制的にL型レイアウトで情報を自動送出します。

マルチ情報

マルチ情報

本線映像や生活情報、定点カメラ映像など複数のソースを1画面に合成。天気予報や交通情報など地域の特性(ニーズ)に応じた情報を同時に提供できます。設定時間によって、あるいは有事・平時にレイアウトを切り替えることも可能です。

字幕スーパー

字幕スーパー

表示方法は、ロールまたはカットから選択し、マット(座布団)を設定することが可能。字幕スーパーの開始音を追加することにより気づきの機会を増やします。

水位・雨量連携

水位・雨量連携

国交省などから配信される水位情報や気象観測システムからのデータから画像を生成し、文字放送やL字放送として表示します。河川水位だけではなく、定点カメラ映像をローテーション表示させることも可能です。

気象情報連携

気象情報連携

気象プロバイダより、対象となるカテゴリ情報(画像・テキスト)を受信します。L字放送や字幕スーパーとして自動送出します。

交通情報連携

交通情報連携

交通情報コンテンツ配信業者(プロバイダ)あるいは直接日本道路交通情報セン ターから配信された道路画像・概況情報を文字放送やL字放送として自動送出します。

メール・Lアラート連携

メール・Lアラート連携

メールやLアラートの情報を受信し、自動で文字放送やL字放送を行います。また、情報の種別により、画面レイアウトや画面デザインを切り替えることも可能です。

FEATURE

ITベンダーだからこそ実現できる
安心とプラスαのソリューションがあります。

スマート&拡張自在
01
スマート&拡張自在
要件や使い方に合わせて
育てていけるパッケージ

基本機能を備えたベーシックなパッケージに、必要に応じて選べる充実のオプションをご用意。さらに、お客様のご要望や状況に合わせて、新たな機能をカスタマイズすることも可能。パッケージの便利さとオリジナルの自由度を共にご実感いただけます。

簡単に、どこからでも
02
簡単に、どこからでも
人・場所を選ばず直感的な操作ができる
インターフェース

見た目の分かりやすさや操作性を重視した設計をもとにデザイン。
どなたでも直感的に、またどこからでも操作できるため、扱える人・場所が制限されることなく、スムーズな運用が可能となります。

運用実績50団体以上
03
運用実績50団体以上
全国各地のお客様と共に培った
ノウハウやサポート力

24年以上にわたるケーブルテレビシステムの運用実績とノウハウを活かし、効果的・効率的な運用を実現。また、ITベンダーだからこそできる多角的なITソリューションをプラスαでご提案し、「ICTまちづくり」に貢献しています。

CUSTOMIZE

お客様独自のカスタマイズにも
対応いたします。

音声自動合成

音声自動合成

Channel-iに入力された文章より
音声ファイルを作成し、文字放送時に再生します。
事例

受信したメールの文章より、コンテンツ画像および音声ファイルを自動作成し、コンテンツ登録を行います。メール受信→ コンテンツ作成→ 文字放送までを自動で行います。

取材管理

取材管理

従来、Excel等で管理されていた行事情報や取材情報をシステムで管理し、Channel-iと連携します。
事例

行事情報を登録し、その行事の取材情報・放送日等を取材管理システムへ登録します。登録された内容を引用し、文字放送またはL字放送のコンテンツを作成・Channel-iへ連携します。

CASE STUDY

Channel-iを導入いただいたお客様の
事例をご紹介します。

導入の決め手は使いやすさと
サポート力。
エリア普及率65%以上の地域インフラを支える「Channel-i」

OTHER LINEUP

視聴状況分析システム

業務自動化ソフト

ABOUT US

音声自動合成
社名

日本ソフト開発株式会社
Nippon Software Knowledge corp.

拠点

本社/滋賀県米原市米原西23番地
東京支店/東京都港区浜松町2丁目7番17号(イーグル浜松町ビル10階)
大阪支店/大阪市淀川区宮原4丁目1番14号(住友生命新大阪北ビル8階)

資本金

1億9000万円

取材管理
従業員数

137名(2020年5月現在)

認証・ライセンスなど

JIS Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013)認証取得、JIS Q 9001:2015(ISO9001:2015)認証取得、マイクロソフトパートナー、電気通信工事業 許可番号:滋賀県知事 許可(般-28)第61565号、労働者派遣業者[派25-300320]、滋賀県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録、地域未来牽引企業