Web会議を効果的なものにするために おすすめ機器のご紹介

その他|2020.10.27

新型コロナウィルス感染防止のため、Web会議やウェビナーと呼ばれるWebセミナーが多く開催されるようになりました。
また、お客様へのプレゼンテーションや商談などの重要な場面でもオンラインで行われることが日常となってきました。
どのような機器を揃えるといい?というお問い合わせを頂くこともあり、当社でよく利用している機器をご紹介いたします。


★マイクスピーカー
複数人でWeb会議に参加される場合は、マイクスピーカーがおすすめです。
マイクスピーカーとは、スピーカーと集音マイクが一体となった機器で、360度全方向からの声を拾ってくれます。
相手方の声も大きく聞こえ、2~8人程度までの会議には必須と言えるものです。
USBケーブル1本で使うことができ、エコーキャンセリング機能やノイズキャンセリング機能により、快適な同時会話ができます。

※ヤマハ製 ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-330(左)、YVC-200(右)


★超広角Webカメラ
最近のノートパソコンにはカメラを内蔵した機種が多くありますが、画質が悪かったり、視野角も狭いです。
複数人で参加される場合、一人一人の顔がぼやけていたり、一部の参加者しか映らないということがあると思います。
こういう場面では超広角Webカメラがおすすめです。
一般的なWebカメラの画角は70°程度ですが、超広角Webカメラでは150°あり、見切れずに全員が画面に収まります。
また、画質もフルHDで200万画素もあり、くっきり鮮明な画像を映せます。

※サンワサプライ Webカメラ 超広角150° CMS-V53BK


★ヘッドセット
1人でWeb会議に参加する場合はヘッドセットがおすすめです。
ヘッドセットとは、相手の声を聞くためのヘッドフォンと、自分の声を相手に届けるためのマイクが一つになったものです。
自分にだけしが相手の声が聞こえませんので自席からWeb会議に参加できますし、両手がフリーとなりますので話しながらタイピングすることもできます。
USB接続のタイプとピンジャックのタイプがありますので注意してください。
USB接続タイプがいろんなパソコンで使えますので便利です。

※エレコム ヘッドセット ネックバンド HS-NB05USV


★LEDリングライト
Web説明会などを開催される場合は、照明にも気をつけましょう。
暗い顔では相手に与える印象も今ひとつとなってしまいます。そんな時に役に立つのがLEDリングライトです。
リング状になっていますので、中央部にWebカメラを取り付けて使います。
明るさだけでなく、色温度(白色、暖色、中間色)の調整もでき、均一で自然な明るさになり印象度UPします。

※サンワサプライ WEBカメラ用LEDライト付きスタンド CMS-STN2BK