2019 Japan IT Week 秋「第3回 AI・業務自動化展」に出展します!

イベント|2019.09.27

RPA(ソフトウェアロボット)×ビッグデータ×AI-OCRを出展!!

この度、ビッグデータとRPA(Robotic Process Automation)およびAI-OCRの相乗効果により、価値を最大限に引き出し、最適化による「業務効率化」「経営ニーズのスピードAction」をコンセプトとし、Japan IT Week 秋 「AI・業務自動化展」に出展致します。
今日、大量データの入力などの繰り返し作業やルーチンワークを自動化・機械化することにより高付加価値業務へリソースの配分を図り、業務効率化と企業の高付加価値化を実現することが「働き方改革」に求められております。
本展示会では、IoTなどデジタル化されることによって蓄積された様々なビッグデータの超高速処理『SOFIT Super REALISM』とNTT-AT社のRPAソフトウェアロボット『WinActor』による「人」と「時間」のハイブリッドソリューションをご紹介致します。また合わせてAI-OCRのご紹介も致します。

会 期 
2019年10月23日(水)~25日(金) 10:00~18:00 ※最終日のみ17:00終了

会 場 
幕張メッセ(4~8ホール) 弊社小間:24-15 【アクセスはこちら】

出展商品
インメモリ型 超高速データ処理システム「SOFIT Super REALISM」 【商品ページはこちら】
 データ統合や検索・集計など、データ活用の基盤となる高速データ処理ツールをALLinONEパッケージでご提供

ソフトウェアロボット「Win Actor」 【商品ページはこちら】
単純な伝票処理から複雑な作業までを正確に“再現”。人が行うパソコン業務をロボットが全て請負い業務効率を改善します。

AI-OCRソフトウェア「DynaEye10」 
定型帳票に加え、取引先によりレイアウトが異なる帳票に対応。入力業務の担当者でもかんたんに利用できるアプリケーションを用意

昨年出展の様子

お問い合わせ
東京支店 特任営業本部 華岡、日比、寒川

※その他イベントへも多数出展しております。詳細はイベント出展情報記事をご覧ください。