マキノピックランドで秋の味覚“栗拾い”が楽しめます!

その他|2019.09.16

食欲の秋ですね。梨にブドウにさつまいも、そして栗ですよね!
滋賀県高島市にある『農業公園マキノピックランド』では9月14日から栗拾いが始まりました。

全国でも最大規模の広さがあり、早生から晩生まで8品種、約2万本の栗の木があります。
平地なので小さいお子さんがいても、のんびりハイキング気分で栗拾いを楽しむことが出来ます。
木にはたくさんの“イガ”がついていて、たまにポトリと落ちてきます。

木の下には、割れたイガから栗が顔をのぞかせています。
とげに注意して、足でイガを割って栗を取り出します。トングを持参すると便利ですね。
サイズでいえば2Lくらいある大粒なものがたくさん拾えました。

入場料は大人1,600円(1kgお持ち帰り)、小学生800円(500gお持ち帰り)で、拾った栗は持って帰ることが出来ます。
約1時間でネットいっぱい拾うことが出来ました。だいたい40個くらいはあるかな。
ちなみにがんばって1kg以上拾っても最後の計量所で回収されます…

マキノピックランドの目の前の道路には“メタセコイア並木”があります。
2.4kmにわたって約500本のメタセコイアが植えられ、ドライブやサイクリングの人気スポットです。
また、秋には紅葉しフォトジェニックなスポットとして多くの人で賑わいます。

持ち帰った栗は、やっぱり栗ごはんで頂くのが一番ですね。栗は冷凍保存ができますので何回も楽しめます。
そしてもうひとつのおススメ料理は“渋皮煮(甘露煮)”です。少し手間がかかりますが、そのまま食べても美味しく、つぶしてモンブランにするなど色んなスイーツにアレンジができます。

マキノピックランドの栗拾いは、10月下旬まで出来ますので、是非行ってみてください。
農業公園マキノピックランドHPはこちら