WinActor 業務システム向けRPAツール

2021年10月18日、『WinActnor V7.3.0』がリリース開始!!

製品・技術

WinActor最大の特徴である「現場フレンドリー」なRPAを実現するため、
『WinActor V7.3.0』では大幅に機能拡張が実施されました。
今回は、最新機能の一部をご紹介させて頂きます。


WinActor V7.3.0の主な特徴
 ①Microsoft EdgeのIEモード対応
 ②オンラインアップデート機能
 ③ドキュメント生成機能
 ④画面状態確認機能
 ⑤Webページ用画面状態確認機能
 ⑥イベント監視機能
 ⑦Googleカレンダー連携機能
 ⑧Power Automate Desktop連携機能

 ⑨設定インポート・エクスポート機能
 ⑩CloudLibrary検索機能
 ⑪ノード整列機能
 ⑫UI Automationライブラリの追加、操作性改善
 ⑬汎用HTTPライブラリ追加
 ⑭JSON操作用ライブラリ追加
 ⑮シナリオ雛形作成機能改善
 ⑯Storyboardのポッド追加及び操作性改善
 ⑰【WinActorEye】プレビュー画面の追加
 ⑱【WinActorEye】WinActorEyeライブラリの追加

追加機能ピックアップ 【Microsoft EdgeのIEモード対応】
 Microsoft Edge(Chromium)のIEモードに対応します。
 Microsoft EdgeのIEモードで開いたページを判別し、
 IE記録モードでの自動記録や、
 シナリオ実行での自動操作が可能となります。

 

追加機能ピックアップ 【ドキュメント生成機能】
 シナリオの内容を手軽に文書化できるようになります。
 フローチャートに配置したノードや設定情報の概要が
 読みやすいHTML形式で出力されるため、
 効率的にシナリオの保守・運用を行えるようになります。

 
以上は『WinActor V7.3.0』の主な機能の一部のご紹介になります。
詳細につきましては、弊社担当営または下記問い合わせ先までご連絡ください。

■お問い合わせ先
WinActor担当  堀田
TEL:06-6350-3505
MAIL:osaka-bd@nihonsoft.co.jp

前のページに戻る