WinActor 業務システム向けRPAツール

WinActor V7.2.0リリース開始!!

製品・技術

WinActor最大の特徴である「現場フレンドリー」なRPAを実現するため、
『WinActor V7.2.0』では大幅に機能追加、拡張されました。

今回は、最新機能の一部をご紹介させて頂きます。

WinActor V7.2.0の主な特徴
 ①初心者向けエディタ(WinActor Storyboard)
 ②UI Automationを用いた新しい自動記録モード
 ③Chromium版Microsoft Edge向け自動記録モード
 ④スクリーンセーバー解除機能
 ⑤WinActorノート及びWinActor Eyeの非Java化
 ⑥IE操作機能の実行速度の改善
 ⑦シナリオファイル呼び出し機能
 ⑧実行時間の表示機能

 ⑨付箋の表示/非表示切り替え機能
 ⑩ようこそ画面へのリンク追加
 ⑪フォントサイズ変更機能
 ⑫フローチャート画面の操作性改善
 ⑬OCRマッチングのテスト結果表示機能
 ⑭ライブラリ表示の絞り込み 

追加機能 [初心者向けエディタ(WinActor Storyboard)]
 これまでよりさらに「現場フレンドリー」なRPAを実現するため
 初心者向けエディタ(WinActor Storyboard)を提供します。
 WinActor StoryboardはこれまでのWinActorのシナリオ作成を
 置き換えるものではなく、初心者を対象とし
 ノーコードにてシナリオ作成をすることができます。
 また、初心者がつまずきがちであった変数を意識することなく、
 シナリオを作成することができます (⇓ 作成画面イメージ)
 

拡張機能 [Chromium Microsoft Edge向けの自動記録モード]
 Chromiumベースの新しいMicrosoft Edgeの自動記録に対応します。
 Intemt Explorer、FireFox、Chromeと同様に、
 Chromium版Microsoft Edgeブラウザでも自動記録によるシナリオ作成が
 可能となります(⇓ 作成手順イメージ)

 1.自動記録モード選択
 

 2.シナリオ化したい操作を実行
 

 3.シナリオを自動作成
 

以上は『WinActor V7.2.0』の主な機能の一部のご紹介になります。
詳細につきましては、是非、下記問い合わせ先または弊社担当営業までご連絡ください。

■お問い合わせ先
WinActor担当  堀田
TEL:06-6350-3505
MAIL:osaka-bd@nihonsoft.co.jp

前のページに戻る