中国と日本の架け橋となり会社のグローバル化に貢献するのが目標。

SE・プログラマ|入社3年目

私は、朝鮮にルーツを持つ中国遼寧(りょうねい)省出身の中国人です。日本に留学経験のある姉の影響で7年前に来日し、学費や生活費をアルバイトで賄いながら龍谷大学情報メディア学科を卒業しました。日本ソフト開発の存在を知ったのは、SE・プログラマとして日本企業に就職するために参加した合同説明会。自社開発の水処理設備向け遠隔監視システム「SOFINET CLOUD」が国内シェアトップクラスだと分かり、興味を抱いたのです。採用担当の方が親身に相談に乗ってくださったことも好印象でした。

入社後は、志望動機につながった「SOFINET CLOUD」の開発を担当しています。当社製品は基本的にカスタムメイドのため、お客様との入念な打ち合わせや現地確認をした上で仕様を決めていかなければなりません。技術的なハードル、納期調整…プロジェクトごとにさまざまな困難と苦労が伴いますが、チームメンバーと一緒に乗り越え、無事に稼働を見届けた時は大きな達成感が味わえます。

職場はとてもアットホームな雰囲気。会社のトップである会長も折にふれて声をかけてくださり、心が温かくなります。失敗を恐れず、新しいことにも挑戦でき、周囲の誰もがそれをポジティブに見守ってくれる…そんな恵まれた環境で知識や経験を蓄えていくことが直近の目標。そして、ゆくゆくは生まれ育った中国と日本の架け橋となり、会社のグローバル化に貢献したいと考えています。

キーワード SOFINET CLOUD

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

休日はよく留学生時代の友人と、日本の歴史や文化を感じられるスポットへ小旅行に出かけます。仕事中は集中して、オフは思い切り楽しむのが私流。入社前に思い描いた通りの働き方ができています。

仕事も家庭も大切にできるこの職場で、私らしくキャリアを積み重ねていきたい。

SE・プログラマ|入社18年目

日本ソフト開発に入社を決めたのは、就職説明会に参加したのがきっかけ。気さくな笑顔で接してくださる女性の先輩方が印象的で「この会社なら楽しく働けそう」と感じたのです。「小規模大企業化」という会社のスローガンも素敵だなと思いました。

入社後、新入社員研修を経て配属されたのは、自治体向けシステムの導入・サポートを手がける部門のSE職。「文系学部出身でプログラミング知識ゼロの私がなぜ?!」と驚きましたが、先輩方に教わったり、自分なりに勉強を重ねたりする中で、少しずつスキルアップしていきました。

気がつけば入社17年目。ずっと周囲に支えられ、やりがいを感じながら仕事を続けてきました。もともと日本ソフト開発はチームワークを大切にする職場風土が根付いているのですが、結婚と2人の子どもの出産を経験して、そのことをより強く実感します。産休や育休はもちろん、復帰後に短時間勤務制度が利用できますし、子どもの学校行事や急病等で早退したり休んだりしなければならない時も「お互いさま」とフォローし合える環境です。「仕事も家庭も大切にする生き方」をごく自然に実践できるその企業文化を、後輩たちに受け継ぐロールモデルとなることが今後の目標。働きやすいこの職場で私らしくがんばっていきたいです。

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

休日は、子どもがお世話になっているサッカーチームの試合の応援に行ったり、キャンプやスキーに行ったりと、家族で過ごします。日々の癒しは愛犬。どんなに疲れて帰っても、たちまち笑顔になれます!

水環境分野で高いシェアを持つ自社商品に魅力を感じ、入社を決めました。

SE・プログラマ|入社9年目

大学時代は情報システム学を専攻し、システムエンジニアをめざして就職活動に取り組みました。日本ソフト開発を選んだのは、米原市出身の私にとって身近な存在だったことが大きいです。また、選考過程で、水環境システムの分野で高いシェアを持つ自社商品「SOFINET CLOUD(ソフィネット クラウド)」にも興味がわき、「この会社で自分の力を試してみたい」と思いました。

希望が叶い、入社以来、「SOFINET CLOUD」の開発・導入・保守を担当しています。お客様との仕様打ち合わせやプログラミングから、現地導入や工事立ち合いまであらゆる業務を行います。携わるプロジェクトは、公共性の高いものばかり。システムに求められる確実性や安全性を堅持しつつ、お客様のご要望をいかに実現するか、これが私たちのミッションです。要件調整に始まり、リリースまでの間には多くの課題をクリアしなければなりません。時には想定外の困難に直面することもありますが、部署のメンバーと知恵を絞り、チームワークでシステムを形にしていくプロセスに大きなやりがいを感じています。

働いてみて感じる日本ソフト開発のいいところは、人の温かさ。歴史ある会社なので、入社前は堅いイメージを抱いていましたが、実際はアットホームな雰囲気で、社内の誰とでも職種や年齢を超えたコミュニケーションができます。大き過ぎず小さ過ぎずのちょうど良い規模感や、人を大切にする社風が、こうした人間関係づくりにつながっているのだと思います。

入社7年目の現在は、後輩も増えました。先輩方が築き上げてきた技術力や「信頼」というかけがえのない財産を次世代に継承していくことも、私の大切な役割だと考えています。

キーワード SOFINET CLOUD

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

一昨年、初めての子どもが誕生し、家の中がにぎやかになりました。休日の楽しみは家族とピクニックなどに出かけること。平日もできるだけ早めに帰宅し、家族と過ごす時間を大切にしています。

自分が考え実装した機能をお客様に喜んでいただけた時、大きなやりがいを感じます。

SE・プログラマ|入社17年目

情報系の学部で学んでいた大学3回生の時にインターンシップに参加し、IT技術を使って世の中をもっと便利に快適にする当社の事業内容に共感。加えて期間中、年齢の近い先輩社員の方々に飲み会やボーリング大会に誘っていただき、楽しい時間を過ごせたことが入社動機になりました。

私が担当する業務は、民間企業様向けのシステム開発。入社以来、さまざまなプロジェクトを経験する中で、プログラマからシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーへとキャリアアップしてきました。私たちにとって機能要件を満たすシステムを作るのは最低条件であり、お客様からの信頼を得るには、どれだけ使い勝手を高められるかがカギになります。そのために大切にしているのが、現場の実情や業務オペレーションを見たり、ユーザー様の声を聞いたりすること。そこで得られたヒントをもとに設計した仕様や機能が納品後、お客様に喜ばれ、「これは便利!」「業務効率が格段にアップした」などのお声をいただけると、特別な気分に。開発時の苦労も一瞬で吹き飛びます。

社内でベテランと呼ばれるようになり、技術系グループのリーダーを務める現在は全体最適の視点も大切にしています。IoT、ビッグデータ、AIなど、進化する第4次産業革命の技術や情報をどう活用していけば良いのか。挑戦の日々は続きますが、仲間と力を合わせ、会社の成長の一端を担うような仕事をしていきたいです。

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

私の趣味はビーチボールバレー。試合や遠征を通じた出会いと交流も楽しく、社会人チームの活動を長年続けています。平日はメリハリを重視。できるだけ早く帰宅して、家族との時間も大切にしています。

※内容は取材時のものです。

採用情報に戻る

REQUIREMENTS

募集要項