子どもたちの未来に間接的に関われる仕事。大きなやりがいとおもしろさが味わえます。

営業コンサル|入社4年目

日本ソフト開発の存在を知ったのは、地元企業が多く集まる就職セミナー。仕事のやりがいや楽しさ、会社の雰囲気について生き生きと話してくださった先輩方の姿に憧れを抱き「私もこんな風に働きたいな」と思ったことを覚えています。さらに研修制度が充実しており、ソフトウェアの専門知識や業務スキルについてゼロからしっかりと学べることも、入社へのプラス材料になりました。

現在は、主に保育園や幼稚園、こども園向けのクラウドシステム「キッズビュー」を扱う部署で、営業コンサルとして働いています。園の先生方の業務には、出欠などの集計作業や「要録」と呼ばれる個々の成長記録作成など、たくさんの事務仕事があり、それらを手書きで行っているところも少なくありません。そこで、園の現場を効率化する多彩な機能を持つ「キッズビュー」によって、先生方が本来の業務である保育や教育、保護者の方々への対応に余裕をもって取り組めるよう、ご提案をするのが私の役割です。お客様にとっては従来のやり方を大きく変えるご決断となるため、それぞれの園の特性やご事情に寄り添って「キッズビューがどんな風に役立つのか」を分かりやすくプレゼンテーションし、商品に価値を感じていただくことが大切。結果的に営業期間が長くなることが多いのですが、それだけに受注につながったときは大きな喜びや達成感を味わうことができます。また、「キッズビュー」は自社製品なので、お客様の声を吸い上げて開発にフィードバックし、改善や改良をしていけるのもやりがいのひとつ。「もっと使いやすく、もっと便利に」という視点でチームメンバーと意見交換を交わす時間は、私にとってとても良い刺激になっています。これからも先輩方に指導を仰ぎつつ、お客様との出会いを大切にしながら、「キッズビュー」を園でのお困りごとのすべてが解決できるシステムに進化させていきたいと思います。

キーワード キッズビュー

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

休日は、学生時代の友人と遊びに出かけることが多いです。今冬は温泉旅行にハマり、ふたりで週末ごとに中国地方の名湯めぐりをしました。次の大型連休には海外にも行こうと計画中です!

ひとりでは成し遂げられないスケールの大きな仕事を通じて自己成長していける喜び。

営業コンサル|入社6年目

大学に入学した当初は小学校教員をめざしていた私が日本ソフト開発を選んだ一番の理由は、この会社にはチャレンジできる場がたくさんあると感じたから。ソフトウェアを通じてお客様企業の課題を解決したり、世の中をもっと便利にしたりする事業に強く惹かれたのです。

当社には、大きく分けると官公庁向けと民間企業向けの2つのサービスがあって、私が配属されたのは後者。コンピュータ機器からシステム、お客様のニーズに応じたICTソリューションまで、提供サービスは多岐に渡ります。文系学部出身ということもあり、入社したばかりの頃は社内で飛び交うIT業界の専門用語に気おくれしましたが、上司や先輩にアドバイスをいただきながら、少しずつ業務知識を身につけていくことができました。先輩や上司はその道のエキスパートでありながら、とてもフレンドリーなので、相談がしやすいですね。お客様視点で「もっとできることはないか」「もっと良いアイデアはないか」を考え、形にしていく姿をいつもお手本にしています。

初めてひとりでプロジェクトを担当した時のことは忘れられません。任されたのは、既存のお客様の免税対応システム導入。社内外のチームメンバーと一緒に技術的な課題、予算調整など、さまざまな苦労を乗り越え、実際にシステムが稼働しているのを目にした時はとてもうれしかったです。ひとりでは成し遂げられないスケールの大きな仕事を通じて自己成長していく。それこそが日本ソフト開発で働く醍醐味なのだと思います。この恵まれた環境で自らの専門性をさらに高め、お客様の多様なご要望にお応えできる存在になることが今後の目標です。

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

休日は外でしっかり遊んで心身ともにリフレッシュします。社内のゴルフコンペに参加するのも楽しみのひとつ。オンオフのメリハリをつけることが、仕事への活力につながっているように思います。

お客様のお困りごとや課題をRPAで解決するべく、奔走する日々。

営業コンサル|入社2年目

私が就職活動に際して一番大切にしたのは「地元企業で、やりがいを持って長く働きたい」という思い。そして、さまざまな業界・業種を研究したり、説明会に参加したりする中で惹かれたのが日本ソフト開発です。IT関連の知識や経験がゼロでも、入社後にしっかりと学べる環境があることを知り、チャレンジしてみたいという気持ちに。また、会社訪問時に先輩社員との交流会が開かれ、アットホームな社風を実感できたことも入社の後押しになりました。

私が所属する部署では、あらゆるルーチンな書類業務をソフトウェアロボットで自動化するRPAツール「WinActor」を主に取り扱っています。「WinActor」は「どのように活用するか」がポイントになるため、お客様の業務を理解し、お悩みに寄り添って導入メリットを具体的に可視化しながらご提案する取り組みが欠かせません。その際、製品の魅力はもちろん、RPAに精通した自社SEの存在や、運用も含めた総合的なサポート力など、当社の強みもアピールし、お客様に価値を感じていただくことを心がけています。初めの頃は、営業コンサルとしての自分の引き出しの少なさに落ち込むこともありましたが、先輩にご指導いただいたり、外部研修に積極的に参加するなどして勉強を重ね、少しずつステップアップしてきました。身近に目標となる先輩方がたくさんいるのは、日本ソフト開発で働く魅力のひとつだと思います。先輩方の背中を追って、今後も努力を重ねていきたいです。

キーワード WinActor

MY WORK LIFE BALANCE

私のワークライフバランス

私のオフの楽しみは、友人たちと遊びに出かけること。カラオケで盛り上がったり、カフェでおしゃべりしたり。会社の同期の影響で始めたスノーボードにもハマっていて、目下新たな技を練習中です!

※内容は取材時のものです。

採用情報に戻る

REQUIREMENTS

募集要項