ASPIC IoT・クラウドアワード2017を受賞しました

『第 11 回 ASPIC IoT・クラウドアワード 2017』
ベストイノベーション賞を受賞

 

保育業務のICT化支援で職場環境改善と保育の質向上

「第 11 回 ASPIC クラウドアワード2017」 ASP・SaaS 部門において、
『ベストイノベーション賞』 を受賞

特定非営利活動法人 ASP・SaaS・IoT クラウドコンソーシアム(以下、 ASPIC)が主催、総務省などの後援により実施された「第 11 回 ASPIC クラウドアワード2017」 ASP・SaaS 部門において、 『ベストイノベーション賞』 を受賞しました。

「ASPIC クラウドアワード」 とは、日本国内で提供されている優秀かつ社会に有益な ASP・SaaS・クラウドサービス、 PaaS・IaaS サービス、データセンターおよびそれらを利用するユーザ企業を表彰し、国内の IoT・クラウド関連業界の活性化、市場創出、情報基盤の確立、企業の生産性向上、さらに日本経済の発展に寄与することを目的としたアワードです。

受賞内容は以下のとおりです。

■ASP・SaaS 部門  受賞サービス名:総合保育支援システム「キッズビュー」

本賞は、 国内のIoT・クラウド関連業界の活性化、市場創造、情報基盤の確立、企業の生産性向上、さらに日本経済の発展に寄与する高度な技術を用いた、 優れたイノベーションサービスに対して与えられる賞です。
日本ソフト開発は、幼保業界における保育士不足解消と待機児童解消に向け、 保育教諭の働きやすい職場環境改善を実現するためのツールとして、総合保育支援システム「キッズビュー」をクラウド環境にてご提供して参りました。
政府の待機児童解消のための緊急課題「保育士の確保に向けた労働環境改善」にも大きく貢献し、先生方が本来の目的とする“園児との直接的な関わり時間確保”にも効果を発揮しています。
今回、 保育業界に向けた永年の安定した運用サービスと、 「園務改善のための ICT 化」としての様々な技術革新について評価されました。

日本ソフト開発は、 今後も「キッズビュー」を通じ幼稚園・保育園・こども園の園務に携わるすべての先生方に、 安全で安心してご利用いただけるサービスとして、 幼保業界の基盤となる仕組みの確立に貢献できるよう、受賞を励みとしてさらに良いサービスの開発に邁進して参ります。